dkpskの日記

dkpsk.brain.buffer.flush();

どうぶつの森

ここ1ヶ月くらい、「とびだせ どうぶつの森」をやってる。

どうぶつの森シリーズは、ゲームキューブの e+ に始まって、おいでよ どうぶつの森は死ぬほどやった。とびだせ!も、このためだけに3DSを買った。
はじめてから4年半が経って、プレイ時間は140時間くらい。途中で1年くらい放置してることもあって、あまりハマったとは言えない。

最近、また e+ を遊ぶ機会があって、感じたのが、シリーズが人気になって、良くも悪くも「わかりやすくなった」のだということ。
住民同士の尖った会話やブラックジョークはまったくと言っていいほどないし、そもそも、住民同士の会話もほとんど起こらない。
会話の内容も一辺倒になって、魚を取ってきて、フルーツを取ってきて、家具を持ってきて、遊びに来て、遊びにいかせて、がほとんど。
なんというか、話しかける楽しみがない。

まあ「NPCと会話を楽しむ」って要素はもうウケないのか。わざわざNPCなんかと話さずとも、インターネット経由でPCと遊べるのだから、当たり前の進化なのかもしれない。

この有様だから、ポケットキャンプもハマれなかったし、おそらく、今後の作品も似た感じで楽しめないのだと思う。

最近のゲームはソーシャルソーシャルしててよくわからない。じじいになってしまったようだ。